三栄建築設計 メルディアグループはホテル事業を拡大 -  関西拠点のシード平和を中心に三栄建築設計も積極参入



新着情報

関西拠点のシード平和を中心に三栄建築設計も積極参入 メルディアグループはホテル事業を拡大

2018.01.12

「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ株式会社三栄建築設計(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小池信三、以下、三栄建築設計)は、子会社シード平和株式会社(大阪府大阪市淀川区、代表取締役社長:小池信三、以下、シード平和)を中心にメルディアグループ全体でホテル事業を拡大することを発表。連結子会社であるシード平和は、外国人を含めた観光客の多い京都・二条で2017年2月に「メルディアホテル京都二条」をすでにオープンしているが、親会社である三栄建築設計もホテル事業に参入することで、シナジー効果によるグループ全体の収益増加を目指す。

【2017年オープンのメルディアホテル京都二条は稼働率好調】
2016年8月に発表したシード平和の中期経営計画では新たな収入源として「ホテル事業への参入」をひとつの目標として掲げ、ウィークリーマンション「SEED in KYOTO二条」(2006年9月竣工)の一部をリニューアルし「メルディアホテル京都二条」を2017年2月1日にオープンさせた。
出張などのビジネスでの宿泊だけでなく、観光などで長期滞在をする顧客にも対応できるように、客室はスリーベッドルーム、フォースベッドルーム(1台ソファベッド)を用意し、室内洗濯機や一部客室にはキッチンを設置。市営地下鉄東西線・JR山陰本線「二条駅」より徒歩3分という好立地で利便性にも優れていることもあり、「メルディアホテル京都二条」は開業してから平均客室稼働率約90%を実現している。訪日外国人利用者の口コミ効果から外国人宿泊客の割合が増えており、現在では平均して約60%の宿泊客が海外からのお客様となっている。また、今後、関西空港からの訪日外国人の増加は成田空港からの入国者に迫る勢いであり、東京だけでなく、京都・大阪でもホテル不足が続くと考えている。

(メルディアホテル京都二条のスリーベッドルーム)

(メルディアホテル京都二条 外観入口)

【現在のメルディアグループのホテル事業の概要】
この「メルディアホテル京都二条」の運営実績をベースに、シード平和だけでなく、三栄建築設計についてもホテル事業に参入することとなった。
現在、シード平和は大阪府大阪市西区江戸堀でホテル用地を取得、自社保有目的ですでに事業を開始。そのほか、デベロッパーと共同で京都市内に用地を確保して事業を開始している。また、自社保有だけでなくデベロッパーからの依頼によるホテル建設受注なども進んでいる。
親会社である三栄建築設計においては、現在、京都府下京区四条河原町に新たに自社保有目的のホテル用地を取得し、子会社シード平和と連携し、現在企画を進めている。また、そのほか多くのエリアにおいて、事業検討を行っている。
今後ホテル事業に関して拡大し幅広い事業を行うため、2017年11月の株主総会で三栄建築設計の定款を一部変更し「ホテル及び各種リゾート施設等の建設、運営並びに管理」及び「リネンサプライ業務」を追加した。

このように、メルディアグループ全体で、用地取得をし、開発計画の策定から設計・建築までの一連の工程を管理し、なおかつ完成後のホテル運営・修繕も担い、一括したホテル事業運営で他社との差別化を行うことで、グループ全体の新たな柱の事業として成長させる。

【当リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 三栄建築設計 管理本部 経営企画部 広報室 榎本・大野
電話:03-5381-3213 FAX:03-5381-3204
メール:prd@san-a.com



Related Post