名称は「アルカス土浦」 駅前複合ビル、11月27日開業 – 茨城新聞



2017年8月13日(日)

名称は「アルカス土浦」 駅前複合ビル、11月27日開業

【AD】

土浦市がJR土浦駅前に開設する図書館などの複合ビル名称について、市は市民への公募の結果、「アルカス土浦」に決まったと発表した。ビルは11月27日にの開業する。

市によると、名称は「Arts and Culture Space(芸術と文化の場所)」のアルファベット頭文字を取った造語。

名称は今年2月1〜28日に市民から募集し、609人から771点の応募があった。言いやすさや独創性などを基準に審査をした。

施設は駅前北地区市街地再開発ビル。地上4階で、延床面積は約1万3千平方メートル。1階は市民ギャラリー、交番、銀行、2〜4階は市立図書館。2階の一部には学習塾も入る。4階には屋上ガーデンもある。

中川清市長は「芸術と文化の拠点施設として、中心市街地のにぎわいづくりに向けて最大限に有効活用してほしい」と期待した。 (綿引正雄)

最近の記事

全国・世界のニュース

PR特集

茨城 県模試 解説授業映像公開中

茨城県立高校を受験するなら、まずは「県模試」《中3生対象》後援・茨城新聞社


茨城県内の医療現場で働きたい人応援!

茨城県看護職就職ガイダンスに参加した医療機関の採用情報掲載中!


発表!みんなで選んだ“茨城の宝”

食やグルメ、観光地など茨城の魅力再発見できるいばらきセレクション125特別サイト


紙面データPDF(USBメモリ版)販売中

1年分の茨城新聞紙面をUSBメモリ1個に収録。2016年版も出荷準備できました。


個人広告『My(マイ)ねっと』

個人メッセージからビジネスまで、あなたの「伝えたい」を茨城新聞紙面に掲載!

Related Post